【障害者の就職】オープンとクローズ、結局どっち?就労移行支援員が徹底解説します!

一般企業で障害者が働くとき、「オープン就労」と「クローズ就労」「セミオープン就労」の3種類の選択肢があります。

簡単に説明すると、オープン就労とは企業側に障害を明かして就労をすることです。主に、障害者雇用での就職となります。

一方、クローズ就労とは、企業に対して障害のことを伝えずに、就労することをいいます。

障害者が就職をするとき、どちらで就職した方が良いのでしょうか。

今回は、クローズ就労とオープン就労の特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説していきます!

【笹本 美結】

就労移行支援事業所ルーツ横浜関内にて、支援員として働いています。支援員の立場から、福祉施設の説明やお役立ち情報を発信していきます。

オープン就労とは?

オープン就労では、企業側に障害や病気を明かして就職をします。ほとんどの場合、障害者雇用での就職になります。

障害者雇用で就職をするため、障害者手帳を持っている障害者の方が対象です。

オープン就労のメリット

①障害を考慮して、業務内容や配属先などの面で配慮を受けられる

例えば、聴覚過敏の特性のために、騒がしい職場が苦手という方は静かなオフィスの配属になったり、電話をとるのが苦手という方に対して、電話応対を業務から外してもらうなどの配慮を受けることができます。

②障害を隠さずに就労をすることで安心感がある

クローズ就労の場合、障害を隠しながら働き続けることになります。そのことから、いつかバレるのではないかという不安を抱えて過ごすことになり得ません。

オープン就労だと、最初から障害を理解してもらった上で働けるため、そういった不安を抱えることなく就労をすることができます。

オープン就労のデメリット

①給与水準が低い

オープン就労のデメリットの一つ目として、クローズ就労に比べ給与水準が低いということがあります。

オープン就労とクローズ就労で平均賃金に差が出てしまうのは、オープン就労の就労形態や労働時間がクローズ就労と異なるためです。

オープン就労の場合、障害や体調を配慮して、契約社員であったりフルタイム勤務ではない求人が多くなります。そういった違いから、給与水準がクローズ就労に比べて低くなっています。

障害名 平均賃金 通常
(週所定労働時間30時間以上)
週所定労働時間
20時間~30時間
週所定労働時間
20時間未満
身体障害 21,5000円 248,000円 86,000円 67,000円
知的障害 117,000円 137,000円 82,000円 51,000円
精神障害 125,000円 189,000円 74,000円 51,000円
発達障害 127,000円 164,000円 76,000円 48,000円

 

②求人数が比較的少ない

一般の求人に比べて、オープン就労の求人はまだまだ少ないです。

ですが、2018年、2020年の障害者雇用促進法の改正などにより、障害者雇用の求人数は年々増加しています。

一般求人に比べれば数は少ないですが、多くの会社が障害者雇用の求人を出しています。

障害者の法定雇用率と助成金について

2020年10月現在の障害者の法定雇用率は2.2%となっており、2021年の3月から2.3%に引き上げられる見通しです。これは、45.5人以上雇用している企業は障害者を一人、雇用する義務があるということです。

また、障害者を雇用している企業に対して助成金制度が存在します。これは、企業側が障害者を雇用することでかかるコストを軽減し、障害者の新規雇用や雇用継続をすることを目的とした制度になっています。

このような義務や制度があることから、障害者求人の数も増加傾向にあります。

そのため、オープン就労とクローズ就労の間で、どちらの方が就職が簡単・難しいなどといった違いはありません。

参照|〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜|厚生労働省

クローズ就労とは?

クローズ就労とは、企業に障害があることを明かさずに就職をすることをいいます。

基本的には一般求人で応募をしていくことになります。

クローズ就労のメリット

①障害者求人に比べ、求人の種類や職種が豊富

クローズ就労の場合、一般求人に応募することになるので、求人数が多くなっています。

それに伴って、職種や業種の種類も障害者雇用に比べ、豊富になります。

②障害者雇用よりも給与水準が高い

クローズ就労では、一般の方と同じように働きます。そのため、一般の方と同じだけのお給料が支払われます。

企業にもよりますが、障害者雇用の求人よりも給与が高い傾向にあります。

クローズ就労のデメリット

①障害に対する配慮が受けられない

クローズ就労は、障害を企業に明かさずに就労をするので、障害に対する配慮は受けられません。

例えば、精神障害でメンタル不調による体調不良から作業ペースが落ちてしまった時、オープン就労の場合は、配慮としてこまめに休憩を取らせてもらうなどの配慮を受けることができます。

ですが、クローズ就労の場合、そういった配慮を受けることができないので、働きづらさを感じてしまうかもしれません。

②障害がいつかバレてしまうのではないかという不安を抱えてしまうことがある

クローズ就労で、障害があることを伝えずに就職することから「いつかバレるのではないか」という不安を抱えてしまう方もいらっしゃいます。

そういった不安がメンタル不調に繋がり、体調を崩してしまいかねません。

オープン就労の場合、最初から障害があることを伝えてから就職をするので、安心感を持って働くことができます。

セミオープンという選択肢

障害者が就労をするときに、オープン、クローズの他に、セミオープンという選択肢があります。

セミオープン就労とは、障害があることを特定の人に開示します。

例えば、上司や幹部には障害があることを開示しますが、他の人には開示せずに就労をするという形になります。

そのため、上司などの一部の人から配慮を受けることができ、他の人には障害があることを知られません。

障害を開示するのは、面接時などの会社入社前になります。

オープン就労とクローズ就労、それぞれのメリットを享受することができますが、もちろん、デメリットもついてきますので、自分の障害の状態や体調をしっかりと考えた上で決めていきましょう。

障害者の求人の探し方

オープン就労の求人は、ハローワークやエージェント、求人サイトなどから探すことができます。

①ハローワークで探す

ハローワークには、障害者専用の窓口があります。ハローワークの障害者専用窓口では、その人の障害や特性にあった仕事を探す手助けをしてくれます。

その他にも、面接会などのイベントをやっていたり、履歴書や職務経歴書の添削、面接練習などの支援を受けることもできます。

求人数も数多いので、一度近くのハローワークに足を運んでみるといいですね。

②障害者向けの転職サイトを利用する

障害者向けの転職サイトや就活情報サイトを利用するのも一つの手です。

今回はその中の一つである、障害者向け就職・転職サイトのatGPをご紹介します。

atGPでは、求人検索はもちろん、その他にも面接練習や書類作成、企業間とのやりとりやアフターフォローなど、総合的なサポートを受けることができます。

費用は一切かからず、2,500社にも及ぶ業界トップクラスの求人企業ネットワークと、15年以上にわたるサポート実績があるので、安心して利用することができます。

【atGP】無料会員登録

③就労移行支援事業所を利用する

障害者向けの福祉サービスの一つに就労移行支援というものがあります。

就労移行支援とは、一般企業の就労を目指す人に障害のある方向けて、就労の支援をする施設です。原則2年以内の利用で、障害者手帳がなくても利用ができることがあります。

オープン就労、クローズ就労、セミオープン就労、どれを目指す場合でもサポートを受けることができます。

就労移行支援事業所では、就職活動支援をはじめ、自己理解やビジネススキルの習得などたくさんの支援を受けることができます。

最後に

今回は、オープン就労とクローズ就労のメリット・デメリットを徹底解説していきました。

障害があることを伝えているかどうかは、職場の定着率にも大きく関わってきます。

自分の障害や、病気はどういったものなのか、配慮が必要なのかなどをしっかりと理解した上で選ぶようにしましょう。

オープン、クローズ関係なく、就労移行支援事業所では就職活動の支援を始め、ビジネススキルやコミュニケーションスキルの獲得などの支援を受けることができます。

就職活動にお悩みの方は、ぜひ、就労移行支援事業所もご検討ください。