就活がつらい時の選択肢。うつやADHDでも就職する方法

「もう就活をやめたい…」

そんな気持ちに悩んでいませんか?

この記事にたどり着いたあなたは、思うように就活をこなせず、過剰にストレスを抱えてしまった人でしょうか?

何から始めたらよいのか、何をすれば成功するのか、わからなくなった方でしょうか?

この記事は、たった一人のあなたのために、あなたが今抱えている悩みを、相談できる手段を提供するものです。

自分の就活、周りと比べてませんか?

周りは積極的にインターンやボランティアを行っている。
もう内定をもらっている子もいる。
業界分析や自己分析を終えて、どんどんエントリーシートを出している。

周囲の環境に焦り、とにかくたくさんの企業にエントリーしようとしていませんか?
逆に、焦りを感じて、何も手を付けられなくなってませんか?

うつや発達障害の可能性

就職活動で思い詰めてうつ状態になる方や、発達障害やADHDの診断を受ける方は多いです。
学生の間では困ったことがなくても、就職活動で支障を感じ、自分の症状に気づく方もいます。

うつや発達障害、ADHDなどの診断を受ける方は次のような悩みを抱えることがあります。

  • 就活の準備、何から始めれば良いか分からない
  • 遅刻や寝坊をしてしまう。スケジュール管理が苦手
  • 忘れ物が多い
  • 自分では悪気はないが、態度を指摘される
  • ミスが多く、よく指摘されるが、頑張っても直すことができない
  • どれだけ準備しても、予想外の質問や状況に対応できない
  • 自己分析で、自分の長所を見つけられない。自己嫌悪に陥る
  • 体調が安定せず、説明会や面接に行けない
  • 就職後も、通勤や人間関係に不安を覚える
  • コミュニケーションが苦手。対人関係に息苦しさを覚える
  • 書類選考は通るが、面接で上手く受け答えができない
  • 他の人は普通に出来ることも、自分では上手くいかない
  • 自分は社会不適合者だ、もうだめかもしれないと感じる

大学のキャリアセンターや就職活動の相談を受ける企業では不十分に感じる方や、ハードルの高さを感じる方に、もう一つの相談場所を紹介します。

就労移行支援という選択肢

就労移行支援事業は、18歳以上なら、学生でも利用できます。

就労移行支援とは、就労に向けて、その人の適性に合った職場を探し、必要な知識やスキルの習得、向上を支援するサービスです。
通所によるサービスを原則とし、スタッフとの面談で、個別支援計画が作成され、それに沿って支援を受けることができます。詳しくは以下のサイトへ!

実際に大学生や、大学院生が相談に行ったり、利用したりするケースは多いです。

具体的な条件については、厚生労働省が以下のような文書を提示しています。

大学(4年生大学のほか、短期大学、大学院、高等専門学校を含む。以下同
じ。)在学中の就労移行支援の利用については、以下の条件をいずれも満たす場合に、支給決定を行って差し支えない。
① 大学や地域における就労支援機関等による就職支援の実施が見込めない場合、又は困難である場合
② 大学卒業年度であって、卒業に必要な単位取得が見込まれており、就労移行支援の利用に支障がない者
③ 本人が就労移行支援の利用を希望し、就労移行支援の利用により効果的かつ確実に就職につなげることが可能であると市町村が判断した場合

(参照|厚生労働省)

就労移行支援を利用するうえで、障害者手帳は必ずしも必要ではありません。

自治体によっては、診断書があれば、就労移行を利用できるところもあります。

自分が対象になるか知るためには、お住いの自治体に相談してみましょう。

就労移行支援事業所では、自分に合った形で、以下のようなサポートが受けられます。

  • 自分の特性に対する理解
  • 日々の面談による悩みや進路の相談
  • ビジネスマナーの習得
  • 企業検索の仕方
  • 面接のポイント
  • ITスキルの習得
  • IlustratorやPhotoshopなどの勉強
  • 自己分析の仕方
  • 企業検索の仕方
  • 面接のポイント
  • スケジュール管理のサポート
  • コミュニケーションスキルの習得
  • ディスカッションスキルの習得

一人で悩み、思いつめてしまう前に、就労移行支援事業所という選択肢も視野に入れてみてください。
まずは相談からでも、メールでもLINEで連絡を取ってみましょう。

Puenteでは、就労移行支援事業所ルーツとともに障害者の方の就労を応援しています。

ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。