就労移行支援って何?就労継続支援A型・B型との違いを徹底解説!

「そろそろ就職したい!障害者雇用ってどこに相談したらいいの?」

「障害があると診断されたけど、これからどうして行けばいい?」

障害者雇用を考える上で、こんなお悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

実は、障害のある方の就労を支援する施設はたくさんあるのです。例えば、就労継続支援であったり、就労移行支援、お仕事を紹介してもらいたいのならハローワークと頼れるところはたくさんあります。

今回は、その中でも違いの分かりづらい、「就労継続支援A型・B型」と「就労移行支援」の違いを就労移行支援事業所ルーツのスタッフが徹底解説していきたいと思います。

障害があっても就職したい!そんな時、どこに相談したらいい?

障害のある方が、就職を考えた時に利用できる施設として、「就労継続支援A型」「就労継続支援B型」「就労移行支援」などがあります。

就労継続支援とは、現時点で一般企業に就職が難しい方に向けて、職業訓練や生産活動を支援するサービスです。

就労継続支援の中にも、A型とB型に分かれており、雇用契約や年齢制限に違いがあります。

就労継続支援A型とは..

A型では、事業所と雇用契約を結ぶことができ、そこで定められた給与をもらうことができます。年齢は、18歳から65歳未満の方が対象です。雇用契約に基づいた勤務は可能だが、障害・難病のため一般企業への就職が困難な方が利用します。

基本的には、事業所に出勤して事業所で業務を行っていきます。

就労継続支援B型とは..

B型では、事業所との間に雇用契約は結びません。ですが、工賃は支払われます。年齢制限はなく、利用期間の制限もありません。A型の仕事が難しい障害者や、年齢・体力などの理由により一般企業で働くことが困難な方が利用します。

また、就労継続支援とはまた別に、就労移行支援というものもあります。

就労移行支援とは、障害のある方の一般企業への就職をサポートする福祉施設です。

就労移行支援とは..

就職をサポートする施設のため、雇用契約はありません。それに伴い、賃金も発生しません。年齢は65歳未満の方が対象で、原則2年間以内の利用となります。一般企業への就職を希望する障害のある方が利用します。

今回は、その中でも就労継続支援A型と就労移行支援を比較していきたいと思います。

就労継続支援と就労移行支援の違いを徹底解説!

どんなことをするの?

就労継続支援A型の場合

就労継続支援A型の仕事内容は、一般企業の仕事内容とは大きくは変わりません。

事業所にもよりますが、レストランの接客や調理であったり、パソコンによる入力作業などを行っていきます。

それ以外にも、清掃や配達、商品の袋詰めなどの軽作業など、仕事の種類は多岐に渡ります。

就労継続支援B型の場合

就労継続支援B型では、軽作業をすることが多いです。

例をあげると、農作業や、パンやクッキーなどのお菓子作り、部品の加工や手工芸などをやっていきます。

就労移行支援の場合

一般企業で働き続けられるように、職業訓練をしたり、就職活動のサポート、就職後は職場定着のサポートも受けることができます。

職業訓練では、パソコンスキルや、ビジネスマナーなどを身に着けることができます。

また、面接練習や履歴書添削など、転職活動のサポートもしっかりと行っていきます。

就労移行支援事業所ルーツでは、職業訓練や就職活動のサポートの他に、プログラミングやデザインについても学ぶことができます。

 

お給料は安いの?

就労継続支援A型の場合

利用者は就労継続支援A型の事業所と雇用契約を結ぶので、法律で定められた最低賃金以上の給与は保証されています。

厚生労働省の調査によると、平成30年度の就労継続支援A型の平均月額賃金は76,887円、時間額は846円となっています。

就労継続支援B型の場合

利用者と就労継続支援B型の事業所との間に雇用関係はありません。

そのため、賃金ではなく、作ったものに対する成果報酬の工賃をもらうことができます。

平均月額賃金は、平成30年度の場合ですと、月額16,118円、時間額は214円となっています。


(参照|平成30年度工賃実績

就労移行支援の場合

就労移行支援では、一般企業への就労の支援をする福祉施設であるため、賃金は出ません。

ですが、就労移行支援を利用し、障害者雇用で就職した場合は、平均として以下の賃金がもらえます。


(参照|平成 30年度障害者雇用実態調査結果

どんな障害や病気を持った人がいるの?

就労継続支援A型の場合

就労継続支援A型は、原則18歳から65歳未満の精神、知的、身体障害や難病のある方で、以下のいずれかの条件に当てはまる方が利用することができます。

① 就労移行支援事業を利用したが、企業等の 雇用に結びつかなかった方

② 特別支援学校を卒業して就職活動を行った が、企業等の雇用に結びつかなかった方

③ 企業等を離職した者等就労経験のある者で、 現に雇用関係の状態にない方

障害者や難病の方が利用の対象者ですが、必ずしも障害者手帳が必要という訳ではありません。

医師の診断がある場合には、この支援サービスを受けられることもあります。

就労継続支援B型の場合

就労継続支援B型は、精神、知的、身体障害や難病のある方で、いずれかの条件を満たす方が利用対象となっています。

① 就労経験があり、年齢や体力の面で一般企業での就労が困難になった方

② 50歳に達している方

③ 障害基礎年金1級を受給している方

④ 就労支援移行事業者等によるアセスメントで、就労面の課題が把握されている方

就労継続支援B型では、年齢制限はありません。

また、就労支援学校などを卒業した後にそのまま利用することはできません。

一回、就労経験を経ているか、就労移行支援事業所などでアセスメントをし、就労面の課題が分かっている必要があります。

自治体の判断によって、障害者手帳を受給していなくても利用できることがあります。

就労移行支援の場合

就労移行支援は、以下の3つの条件に当てはまる方が利用することができます。

① 精神・知的・身体障害や難病のある方

② 企業等での就労または開業を希望する方で、就労が可能と見込まれる方

③ 原則18歳以上から65歳未満の方

学生でも利用は可能で、障害手帳を持っていない方でも自治体の判断により、利用可能なことがあります。

どうやって利用したらいいの?

就労継続支援A型の場合

就労継続支援A型を利用するには、まずはA型事業所の選考を受ける必要があります。

A型事業所の求人は、市区町村の障害福祉窓口やハローワークで紹介してもらえます。

応募したい事業所が見つかったら、履歴書を送り、面接などを受けましょう。

無事に採用が決まったら、市区町村の窓口を通じて、サービス利用の申し込みを行いましょう。

就労継続支援B型の場合

B型事業所の求人はA型事業所と同じように、市区町村の障害福祉窓口や、ハローワークで紹介してもらえます。

気になるB型事業所を見つけたら、まずは見学に行ってみましょう。実際に、面談や体験利用をさせてくれる事業所もあります。

B型事業所では、選考を受ける必要はありません。

通いたい事業所が見つかったら、市区町村の窓口で利用申し込みを行います。

就労移行支援の場合

就労移行支援の場合は、まずは事業所に見学・体験に行きます。

こちらも、入所のための選考はありません。

利用する意思が決まったら、お住まいの市区町村にて、受給者証の申請手続きを行います。申請手続きが終了したら、事業所を利用することができます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、就労継続支援A型と就労移行支援の違いについて徹底解説していきました。

これらの記事を参考に、自分にあった福祉施設や事業所を見つけていけるといいですね!

Puenteでは、就労移行支援事業所ルーツとともに障害者の方の就労を応援しています。ルーツでは、プログラミングやデザインが学べたり、多種多様な講座に参加することができます。

ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。