就労移行でWebデザイン?スキルアップで就活を成功させよう!【発達障害・精神障害】

 

「スキルがあるのに、それを仕事に繋げられていない…」
「自分に合った働き方がしたいけど、それに見合うスキルがない…」
「手に職をつけて働きたいけど、何から始めていいのかわからない…」

就職を考えたことがある方なら、一度は悩んだことがありますよね。

 

実は、充実サポートのもとで自分のスキルを伸ばしながら就職に繋げる方法があるんです!

今回は、就労移行支援という障害福祉サービスの下でWebデザインのスキルアップをしながら就職する方法について、お教えします!

Webデザインを学ぶと就職に繋がる!

Webデザインについて学びスキルアップしていくと、「Webデザイナー」になる道が開けてきます!

Webデザイナーってどんな職業?

Webデザイナーは、クライアントから依頼されたWebサイト等のデザイン・制作を手掛ける職業です。

Webサイトだけでなく、ブログページや広告、バナーなど、生活に欠かせないものを制作していく、大変やりがいのある仕事です。一度は皆さんも、憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか?

この職業は今後もニーズが高く、将来性のある職業であると言われています。ある程度スキルが必要とされるため、スキルアップが直接就職に繋がっていきます。

そのうえ、Webデザイナーは在宅勤務やフリーランスなど、働き方の幅が広いことが特徴です。自分のライフスタイルに合った働き方で、無理なく仕事ができるのもオススメポイントです!

Webデザイナーになるには?

そんな魅力的な職業「Webデザイナー」になるためには、どうしたらいいのでしょうか。

Webデザイナーの求人を見てみると、まず応募するためにはポートフォリオや作品の提出が必要とされることが多いです。つまり、自分の実績やスキルを相手に証明し、売り込むための武器が必要なのです。

まずはこれを用意したうえで、Web制作会社やデザイン会社に応募するのが、Webデザイナーへの第一歩となります。

Webデザイナーに必要なスキルとは?

元々デザイン系の専門学校に通っていた方や、大学で学んだ方、一度就労経験がある方はもちろん、Webデザイナーに就職するためのスキルは、勉強してマスターすることができます。

Webデザイナーになるための代表的なスキルには、以下のようなものがあります。

  • illustrator
    • Adobeが開発したグラフィックデザインソフトの一つです。様々な図形・イラストを作って編集したり、レイアウトを自由に変更することができます。会社のロゴやWebのデザイン、印刷物、製品のデザインなどもillustratorで作成されることが多いです。
  • Photoshop
    • Adobeが提供する世界で最も有名な画像編集ソフトです。写真を合成・加工したり、エフェクトをかけて補正したりことができる画像編集ソフトです。グラフィックやイラスト編集の機能など、Webやアプリのパーツ、チラシやポスター等の制作には必須のソフトです。
  • HTML
    • Web制作に必要となる基本的なプログラミング言語のひとつです。インターネット上で公開されているウェブページのほとんどはHTMLで作られています。これを習得することで、皆さんもウェブページを作成し公開することができます。
  • CSS
    • HTMLと組み合わせて、ウェブページのサイズや色、レイアウト等の表示スタイルを指定することができるプログラミング言語のひとつです。そのほか、プリントなどで出力される時の出力スタイルや、音声で読み上げる時の再生スタイルなど、情報を私たちのもとに届きやすいよう装飾することができます。
  • JavaScript
    • ブラウザ上で表示される地図やグラフィックアニメーションなどの動的なコンテンツを制作したり、マルチメディアを管理することのできるプログラミング言語です。HTMLやCSSが翻訳された後で、それらのコンテンツを操作することができます。

 

就労移行支援でスキルアップという選択肢

就労移行支援とは、就労に向けて、その人の適正に合った職場を探し、必要な知識やスキルの習得、向上を支援するサービスです。

そのサービス内容は事業所によってカリキュラムや講座内容が異なります。

中には、Webデザインの習得に力を入れている事業所も増えてきているのです

就労移行支援で学ぶメリット

就労移行支援事業所でWebデザインを学ぶことには、以下のようなメリットがあります。

  • 実際にソフトを使って学ぶことができる
  • 学習計画を立て、計画的に学習を進めることができる
  • 自習だけでなく、講座を受けながら初心者でも学習をスタートできる
  • 就活・定着までのサポートがあるため、スキルを身に付けたその先の将来を考えられる

自習でスキルアップをして、就職までを一人でやりきるのは難しいことですよね。

そんな時、就労移行支援事業所では、効果的かつ計画的に学習を継続し、さらに就職まで繋げることができます。

中には「Webデザイン講座」「プログラミング講座」などを開講している事業所もありますので、ぜひ調べてみてください!

 

就労移行支援を利用した方の体験談

実際に就労移行支援事業所に通いながらWebデザインを学んでいる方には、どのような方がいるのでしょうか。

精神障害をもつ20代男性の利用者の方の事例を見てみましょう。

通う前はどんな様子でしたか?

これまで長く続けてきたことがなく、何事にもマイナスに考えてしまう部分がありました。
以前、人とのコミュニケーションで起きたことがトラウマ的にあったため、連絡をすることやコミュニケーション力にも苦手意識が強い様子でした。

通い始めてから何か変化はありましたか?

未経験から始めたWebデザインの学習は毎日継続しており、今ではオリジナルサイトをゼロからデザインするまでスキルアップをしています。
毎日の日替わり講座に積極的に参加し、他の人とのグループワークや発表などを通して「自分の意見を伝える力」「他者と協力する力」を身に付けています。

このように、就労移行支援の良いところは、ただWebデザインのスキルアップをするだけでなく、就職に必要な能力を総合的に身に付けていける点です。

事業所の支援員や他の利用者の方と関わる機会をもちながら、コミュニケーション能力の向上も図ることができます。

就職活動へのサポートも手厚いので、磨いたスキルをしっかりと仕事に繋げることができます。

 

最後に

いかがでしたか?

Webデザイナーは、スキルを活かして働くことができる代表的な職業のひとつです。将来的にも有望かつ、自分に合った働き方を目指すことができます。

 

Puenteでは、就労移行支援事業所ルーツとともに障害をもつ方の就労を応援しています。

ルーツはプログラミング・デザインに特化した就労移行支援事業所です。

ホームページやアプリの作成、デザインやプログラミング、動画編集など…利用者さんの興味や関心に合わせて、より専門的な技術の獲得にも対応できるよう、幅広くプログラムをご用意しています。

未経験からエンジニア、デザイナーへの道を応援し、学習・就職活動のサポートをしています。

 

もちろん、全ての人が必ずしも希望通りに就職できるとは限りません。
それでもルーツは、全ての人が自分らしく働くことができるよう全力で支援していきます!

就職活動において困ったこと・悩んでいることがある方は、お気軽にぜひ一度お問い合わせください!