障害者の就職準備って何をすればいい?【職業準備性ピラミッド】

就職に向けて頑張るとは、具体的にどんなことを頑張っていったらいいのでしょうか?

就職活動自体も大切ですが、そもそも自分の生活や自己管理に漠然とした不安を感じている方もいるかと思います。この記事では、安定した就職に向けてどんな準備をしたらいいかというステップと具体的な内容についてご紹介します。

仕事につく上で知っておくと役に立つのが「職業準備性」という言葉です。

就労するためには、さまざまな力を身に付けることが必要です。例えば、毎日体調を崩さず通勤できること、薬を医療機関に指示された通りにしっかり服薬できることなどです。こうした「就労するために必要なこと」は『就労準備性』と表現され、働くことについての理解・生活習慣・作業遂行能力や対人関係のスキルなど基礎的な能力のことを指します。これは、職種、障害の有無を問わず、働く上で必要とされます。

(出典元|障害者雇用ドットコム)

これを階層別に示したものが、“職業準備性ピラミッド”というものになります。

どのようなものなのか、見ていきましょう。

職業準備性ピラミッドとは?

rootp

就職準備性ピラミッドは5つの階層に分かれていますそれぞれどんな能力を指しているのか見ていきましょう。

 

健康管理

自身の障害について理解し、体調を管理できることです。ただ規則正しい生活をすればいいというわけではなく、周りに配慮をお願いしたり、自身で体調不良などを防ぐことも含まれます。

・食事栄養管理

・定期的に通院し、服薬もきちんと守れる。

・体調不良時に適切に対応できる。

・自分の病気や症状について理解している。 

日常生活管理

夜しっかりと寝て、朝決まった時間に起きるなど規則正しい生活ができることです。また自分自身で必要なサービスが受けられることも大切です。

・基本的な生活リズムがおくれる。

・金銭管理が出来る。

・服装や身だしなみが整えられる。(お風呂、歯磨き等)

・移動能力があり、日常生活を送ることが出来る。

 

対人技能

職場では様々な人と関わります。できるかぎり円滑にコミュニケーションできるよう人間関係を構築できるために気持ちをコントロールし、相手に正しく伝えられることが大切です。

・感情のコントロールが出来る。

・挨拶や返事などが適切に行える。

・自分の意見を適切に伝えられる。

・注意されたときにも、謝罪が出来る。

 

基本的労働習慣

働く上で欠かせないビジネスマナーを身に付け、仕事ができる体制をつくることです。自分だけでなく、会社のルールについてもきちんと守っていくことが大切です。

・報告、連絡、相談がきちんとできる。

・欠勤や遅刻をせず勤務することが出来る。

・仕事をする体力と集中力がある。

・規則を守ることが出来る。

 

職業適性

業務内容によって必要な適性は異なります。正確さが求められることもあれば速度や効率が必要とされることもあります。自身の職業への適性を把握した上でどのようなスキルを身に付け、どのような仕事をしていきたいのか考えてきましょう。

・職務への適性がある。

・職務遂行に必要な知識、技能がある。

 

就職する上で、もちろんスキルや資格を身に付けることも大切ですが、安定して働けるようになることが一番です

まずは健康管理や日常生活管理がしっかりできることがとても重要になります。

それができたら、対人技能としてコミュニケーション力を高め、基本的労働習慣を身に付けるというように一歩ずつ階段を上がるように、取り組んでいくことが近道です。

まとめ

皆さんはどの階層が気になりましたか?

飛び越えようとしたり焦って早くこなそうとするよりも、自分を知り、自分に合った工夫を見つけ、目標に向けて”継続すること”

そのために、一人で悩まず、周囲に支援を求めることもとても重要です!

頑張ろうと思う方には、必ず助けになってくれる場所や人が居ることを忘れないでくださいね!

Puenteでは、就労移行支援事業所ルーツとともに障害者の方の就労を応援しています。

また、就労移行支援事業所ルーツではPCスキルやプログラミングスキルの習得だけでなく、面談や参加型の講座、カウンセリングなどで安定した就職に向けてサポートしています。

ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。