【新宿区】おすすめの就労移行支援事業所5選!通うなら働きたいと思える場所で!

「就労移行支援、どこの事業所に通おうか…」

そんな悩みにぶつかった時、皆さんは何を基準に考えていますか?

実際に就労移行支援を利用している方は、カリキュラムの内容に次いで、事業所の立地を基準に考えている方が多いようです。

週に何度も通うのであれば、無理のない通所範囲で、そしてできるだけ自分の働きたいエリアにある事業所に通いたいですよね。

今回は、東京都内の中でも最も就労移行支援事業所の数が多い新宿区にスポットを当て、おすすめの事業所をご紹介します!

【Kiyona Ono】
「就労移行支援事業所ルーツ」の支援員として働いています。

皆さんが就労移行支援を利用するにあたり、無理せず通い続けることのできる事業所を見つけらればと思います!

新宿区の特徴

都内で最も就労移行支援が多い自治体

東京都には、347か所の就労移行支援事業所があります。
23区内には240か所あり、その中でも最も多く21か所の事業所があるのが新宿区です。(2020年8月1日現在)

新宿駅などのターミナル駅が存在していることから、他の区と比べても交通の便が良いことが特徴です。JR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ等の各線が揃っているため、東京都内だけでなく他県からの通所も比較的しやすいです。

また今後、就職活動を行っていくうえでも、より多くの企業が集まる東京都内の事業所に通うことは便利な点があるといえます。

障害福祉への取り組み

新宿区において、障害福祉への取り組みをホームページにて公開しています。

障害の特性に応じたコミュニケーション支援
窓口での筆談や読み上げ、区が主催する講演会等への手話通訳者の設置など障害の特性に応じた手段を用いたコミュニケーションの支援等をさらに推進します。

区民への啓発活動
障害を理由とする差別の解消を推進するためには、障害のない方が障害について理解し、可能な範囲で配慮していくことが重要です。区では法の趣旨や障害について理解を深めるためのリーフレットを作成しました。今後、窓口やイベント等で周知を行なっていきます。

(参照|新宿区における取り組み

新宿区内の就労移行支援事業所5選!

就労移行支援の利用をしたいと思っても、どうやって事業所を選んでいいか分かりませんよね。

そこで今回は、東京都内の中でも特に就労移行支援事業所が多いエリア、新宿区内の事業所を紹介します。

就労移行支援事業所を選ぶときには、立地以外にも以下のようなポイントを確認することが大事になります。

  • 自分の障害特性が対象に入っているか
  • 就職に向けてのカリキュラム
  • 過去の就労実績や定着率
  • 交通費や昼食の支給
  • 対象が自分

気になる事業所を見つけたら、説明会や見学に足を運んでみてください!きっと自分の相性に合った事業所に出会うことができるはずです。

Kaien

「Kaien」は株式会社Kaienが運営する就労移行支援事業所。

発達障害を専門にしており、講座や動画学習が充実しているのがポイント。また、ほとんどの事業所が定着率を半年で出していますが、「Kaien」は1年間で定着率95%と驚きの高さです。

対象 発達障害
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-29 西新宿ビル5階
アクセス 新宿駅(各線) 徒歩10分
西新宿駅(丸ノ内線) 徒歩9分
西武新宿駅(西武新宿線) 徒歩7分

【Kaien】見学予約

 

ルーツ四谷新宿

「ルーツ」は株式会社LOGZが運営する就労移行支援事業所。

IT・Webに強く、ホームページ制作スキルやデザイン、プログラミングなど幅広いスキルを学ぶことができます。事務職や販売職はもちろん、IT技術職の就労実績があるのが特徴。強みを活かす個別のカリキュラムや講座があり、基本的なパソコンスキルに加えillustratorやPhotoshop、Ruby、Pythonなど10以上のスキル学ぶことができます。

対象 精神・発達・知的・身体・難病
住所 〒160-0008 新宿区四谷三栄町11-22 Fビル 5階
アクセス 曙橋駅 徒歩6分
四谷三丁目駅(丸の内線) 徒歩7分
四ツ谷駅(丸の内線、JR各線) 徒歩11分


【ルーツ】見学予約

キズキビジネスカレッジ

キズキビジネスカレッジは、株式会社キズキが運営する就労移行支援事業所。

会計・ファイナンス、マーケティング、プログラミング、ビジネス英語などの高度で専門的なスキルを学べるのが特徴です。既存の障害者就労支援の枠組みにとらわれず、大企業・ベンチャー・フリーランスなど幅広い働き方を選択することができます。

対象 精神・発達
住所 東京都新宿区四谷4-31 四谷TSビル1階
アクセス 新宿御苑前駅(丸の内線)2番出口 徒歩5分
新宿三丁目駅(都営新宿線)C5出口 徒歩10分

【キズキビジネスカレッジ】無料相談

就労移行支援 プラーナ新宿

プラーナ新宿は、障害者総合支援法に基づく多機能型事業所です。就労移行支援だけでなく、就労継続支援B型の機能も持っており、現状では就労が難しい方の支援を行っています。

豊富なカリキュラムにより、就労に必要な知識や技能を修得・向上させ、自分に合った職業を見つけていくことができる事業所です。PC訓練やコミュニケーション・グループワーク、ストレスケアや就労講座、WRAPなど、多くのカリキュラムがあるのが特徴です。

対象 精神障害・知的障害・発達障害
住所 東京都新宿区新宿2-9-23 SVAX新宿ビルB館2階
アクセス 新宿御苑前駅(丸の内線) 徒歩1分

【プラーナ新宿】ホームページはこちら

リヴァトレ市ヶ谷

リヴァトレ市ヶ谷は、株式会社リヴァが運営する就労移行支援事業所です。

職場に復職・再就職するため、生活リズムを安定させながら心身状態を整えることのできる事業所です。週2回からの通所ができ、体力やストレス耐性に自信のない方でも、復職・再就職に向けて段階的に働く自信を取り戻していくことができます。

対象 精神障害・発達障害
住所 〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町2-2 木原造林市谷ビル1階
アクセス 市ヶ谷駅(南北線・有楽町線)6番出口 徒歩5分
神楽坂駅(東西線)2番出口 徒歩15分
牛込神楽坂駅(都営大江戸線) A2出口 徒歩9分

【リヴァトレ市ヶ谷】ホームページはこちら

最後に

いかがでしたか?

同じ新宿区内にある事業所でも、様々な違いがあることを知っていただけたでしょうか。

また就労移行支援事業所を選ぶ際は、場所を重視することも大事ですが、就労に向けたカリキュラムや定着率、雰囲気などにも着目してみてください。プログラミングやデザインなど、特定のスキルアップに特化している事業所もあるので、自分にあった事業所を見つけるようにしましょう。

 

Puenteでは、就労移行支援事業所ルーツとともに障害をもつ方の就労を応援しています。

ルーツはプログラミング・デザインに特化した就労移行支援事業所です。

ホームページやアプリの作成、デザインやプログラミング、動画編集など…利用者さんの興味や関心に合わせて、より専門的な技術の獲得にも対応できるよう、幅広くプログラムをご用意しています。

四谷新宿事業所の他にも、神奈川県の川崎と横浜にも拠点を置いており、未経験からエンジニア、デザイナーへの道を応援し、学習・就職活動のサポートをしています。

就職活動において困ったこと・悩んでいることがある方は、お気軽にぜひ一度お問い合わせください!