「何かあったら頼っていい」病児保育・障害児保育で安心を届ける|認定NPO法人フローレンス

認定NPO法人フローレンス みんなで社会変革事業部 広報・外部連携
岩井純一 いわい じゅんいち (Twitter)
宮城県出身。人を繋げる場作り・選択肢作りファウンダー。
学生時代は国際協力を行う。現在は本職であるフローレンス以外にもマギーズ東京やKAIGO LEADERS、DariaMe保健室、aeruオンラインサロン、NPOコミュニティ運営など幅広く活動している。

病児保育と障害児保育を知っていますか。名前を聞けば想像がつくけれど、正直知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

「子どもが熱を出して会社を休んだら職を失った」

「子どもに医療的ケアが必要で待機児童にすらなれなかった」

「つきっきりで子どもを見なくてはいけないから働きたくても働けない」

そんな子育てに関する社会課題を解決するのは、困っている人がいれば次々と新しい事業を生み出す認定NPO法人「フローレンス」。フローレンスの訪問型病児保育がモデルになった漫画「37.5℃の涙」(小学館『Cheese!』)はTBSでドラマ化されています。

今回Puenteではフローレンスのなんでも屋である岩井純一さんにインタビューしました!病児保育と障害児保育について、フローレンスの事業や設立経緯、NPOの課題や社会への思い、そして大学生まで国際協力をしていた岩井さんがなぜ国内の子どもの課題に興味を持ったのかに迫ります。

 

フローレンスの病児保育
子どもが病気になったときの預け先が無い「病児保育問題」を解決するため、日本初の訪問型・共済型病児保育を事業化。当日朝8時までの予約に100%対応し、自宅に研修を積んだ保育スタッフが訪問、マンツーマンの保育を提供している。これまでの保育実績は累計80,000件を超える

(参照元|認定NPO法人フローレンス)

フローレンスの障害児保育
障害のある子どもの受け入れ先が極度に不足している「障害児保育問題」を解決し、障害の有無に関わらずすべての子どもが保育を受けられる社会、保護者が働くことを選択できる社会の実現を目指している。2014年に日本で初めて医療的ケア児に保育と療育を提供する保育園「障害児保育園ヘレン」を開園。翌年からは利用者の自宅に訪問しマンツーマンで保育を提供する「障害児訪問保育アニー」をスタート。

(参照元|認定NPO法人フローレンス)

病児保育と障害児保育

ーー早速ですが、自己紹介をお願いします!

岩井純一と申します。現在は認定NPO法人フローレンス(以下フローレンス)を本職にしていて、広報として情報発信や記事のチェック、新しいプロジェクトのPR、あとは外部連携をしたりとなんでも屋のように自由に活動しています。

(岩井さんと同居人|本人提供)

ーーありがとうございます!フローレンスについて教えていただけますか?

フローレンスは「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指す社会課題解決集団です。親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決するために、常識や固定概念にとらわれない新たな価値を創造しています。

現在フローレンスでは病児保育問題、待機児童問題、障害児保育・支援問題、孤育て問題、赤ちゃん虐待死問題、子どもの貧困問題など、社会課題に紐づいた事業にどんどん取り組んでいます。

(フローレンスの事業内容|認定NPO法人フローレンス)

病児保育の現状と課題

ーー今回はフローレンスの事業の中でも病児保育と障害児保育を中心にお話を伺います。それぞれの現状や課題を教えてください。

フローレンスが訪問型病児保育事業を始めた15年ほど前は、熱を出した子どもの預け先はほとんどありませんでした。

しかし子どもが頻繁に風邪をひいたり熱を出すのはあたりまえのことです。フローレンスではこの「病児保育問題」を解決するために、日本初の訪問型・共済型の病児保育サービスを展開し、現在までに累計80,000件以上のお預かりを実施しています。

現在は病児保育サービスの増加や企業の働き方改革で在宅勤務や時短勤務ができるようになったので状況は少しずつ良くなってきていると感じます。

ですが病児保育は人あってこそのサービスなので、人がいないとサービスを届けられないんです。なのでフローレンスが持続可能な病児保育のモデルをつくり、全国の各事業者にどんどん参入してもらって真似してほしいと思っています。


(フローレンスの病児保育|フローレンスHP)

 

障害児保育の現状と課題

障害児保育の中でも医療的なケアが必要なお子さんは全国で2万人くらいいると言われますが、医療的なケアは看護師や専門の研修を受けたスタッフでないと対応できないため、まだまだサービスを届けられていないのが現状です。

医療的ケア児にはいわゆる子育てプラス医療的なことも必要になってきます。例えば口からご飯を食べられないので胃や腸などにチューブで栄養をあげたり痰を吸引する子どもは、気管が詰まってしまうと命の危険があるので寝ているときも安心はできないんです。

障害児保育を利用するある親御さんは「子どもとの距離ができて、逆に子どもとちゃんと向き合えるようになった」と言っていました。ずっと一緒にいるとお互いにストレスが溜まることはどうしてもありますが、離れた時間に「元気にしてるかな?楽しんでるかな?」と子どものことを考えたり、子どもが帰ってきて「楽しかった?」と聞くのが楽しいと言うのを聞いて、それが本質的で、だからこそ障害児保育は必要だと思いました。

医療的ケア児には医療費がかかりますが、つきっきりで子どもを見るために親御さんは働きたくても働けません。実際、障害のあるお子さんのいる親御さんは常用雇用率が平均して5%です。でもフローレンスの障害児保育を利用している親御さんは、希望する方のすべてが就労しています。サービスや支援など、環境が整えば就労にも繋がるんですよね。

医療的ケア児とは
医学の進歩を背景として、NICU等に長期入院した後、引き続き人工呼吸器や胃ろう等を使用し、
たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアが日常的に必要な児童のこと。歩ける医療的ケア児から寝た
きりの重症心身障害児までいる。

(参照元|厚生労働省)


(フローレンスの障害児保育|認定NPO法人フローレンス)

ーー素敵な事業ですよね。実際に保育現場を見ていて率直な感想を教えていただけますか?

人ってリアクションが返ってくるから仕事でもプライベートでも頑張れるんだと思います。でも医療的ケア児には表情の変化や言葉を発することが難しくてリアクションが見えづらい子も多いんです。その中でコミュニケーションをとるのは人によっては難しいだろうなと思っています。

でもフローレンスの先生たちは、ちょっとした変化に目を向けて、1人1人に合った保育をすごく楽しそうにしているんですよね。普通だったら連携することがない保育士と看護師が一緒の場で「この子のために何ができるか」と向き合って考えているのを見ていて、本当にすごいなと思っています。

それから”できないからやらせない”ということはしないんですよね。

例えば、医療的ケアが必要で、口からご飯を食べられない子どもに対して、口からご飯を食べさせないとするのは簡単です。でもよく言われる「子どもは子どもの中で育つ」というのが本当にそうだなと思っています。ほかの子が口からご飯を食べているのを見ていたら、子どもって自分も口で食べたいと思って頑張ろうとするんですよね。そしてその子どもの頑張りに先生たちが寄り添っていくんです。

実際そういうことを繰り返して、今までできなかったことができるようになって、待機児童にすらなれなかった29人(2020年3月現在)の子どもたちががフローレンスを経て認可の保育園に転園したんですよ。

 

ーーすごい…!

フローレンスの先生たちはこういうんです。

「私たちは、先生じゃないんです。先生は子どもたちなんです。私たちはいつも子どもたちから学ばせてもらっているし、子ども達がやりたいことを私たちは一緒にやらせてもらっているだけなんです」

どうしても自分がが何とかしてあげようとしちゃうじゃないですか。それが医療的ケアが必要な子どもだったらなおさらです。でも本当に子どものことを考えて向き合っていると、大人が制限するのではなくて「この子には何ができるのかな」と子ども中心で考えるんですね。

そして1人1人の想い、状況を汲み取って、考えて、子どもたちと一緒にやっていくんです。「プロだな、すごいな」と見ていていつも思います。


(本人提供)

フローレンスに入った理由

フローレンスの設立経緯と特徴

ーーフローレンスの設立経緯を教えていただけますか?

駒崎弘樹 (フローレンス代表 以下駒崎) の母親がベビーシッターをしていたところの親御さんが「子どもが熱を出して早退したり急に休むなら、君はもう来なくていい」と会社から言われたんですね。駒崎はその話を聞いて「子どもが体調崩すのは当たり前なことなのにそれで仕事がクビになるってどういうことだ」と思ったんです。

駒崎はその怒りを原動力になにが課題で、どういう人が困っていて、どういう状況になっているのかなどをすぐに調べたんですよね。すぐに行動を起こしたんです。そうしたらお子さんが体調を崩すことで仕事をクビになる人や立場が厳しくなる人、やりたい仕事ができない人がいる現状が実際にあったんです。

当時は子どもが病気になったときの預け先がほとんどなくて、だったらやってみようということで2004年にフローレンスを設立し日本初の訪問型病児保育サービスを始めました。

ベビーシッターの母親の話から社会課題に気づき、事業を立ち上げ、そのあとも困っている人がいたら世の中にないものでも、課題を解決するために事業を立ち上げて、事業を拡げていますね。

フローレンスのビジョンである「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を作るために走り続けています。


(右手前がフローレンス代表の駒崎さん|本人提供)

フローレンスに入った理由

ーー続いて岩井さんについてお伺いします。岩井さんはどうしてフローレンスに入ったんですか?

高校生の頃に国際協力に興味を持って、高校時代から国際協力を行っていました。そして大学も国際協力学科に入り、途上国や紛争国に行って活動していました。なので就活のときはやはり国際機関やNGOなどの仕事をみていました。

でもストレートで入るのは難しいし、経験やノウハウを積んでから入った方ができる事が増えると思って、最初は教育コンサルの会社、そのあと人材派遣のベンチャーに入りました。

(本人提供)

そこで人との関係構築や組織マネジメントを学んで、国際協力に活かそうと思っていましたが、世の中で起きていることに目を向けるようになると日本でも子どもの貧困や虐待、待機児童などの様々な問題があることを知ったんです。

自分の国で起きていることなのに今まで知らなかった事や、日本にもこれだけたくさんの問題があるということが本当に衝撃的でした

しかも日本は先進国だから海外からの支援が入りにくいし、日本人でも知らない人がいるように、問題が見えにくいじゃないですか。「気が付いた自分たちが支援しなかったら誰がやるんだろう」と思ったし、知ったからには放っておくことはできないと思いました。

それで徐々に国内の社会課題に興味が移っていきました。本職の仕事をしながら日本の子どもに関する問題に取り組んでいるNPOにボランティアやプロボノとして関わっていました。

フローレンスに入ったのは3年半くらい前です。そろそろ社会課題解決を本職にしたいと思い応募しました。代表の駒崎は例えでよくこう言うんです。

「子どもが川に流されていたら下流で子どもを救い上げる人は絶対必要。でもそれだけじゃなくて、そもそも子どもを川に流している人達をなくさないと課題はなくならない。だから僕は上流で子どもを川に流す人たちをなくしたい」

これを聞いた時に、僕は「この人の下でやりたい」と思いました。言うのは簡単です。でも駒崎は課題を見つけると、それは何が課題で、どうしたら解決できるかを考えて実行するんですよね。いつも本気で向き合って、行動していくんです。

社会課題を解決するために必要な事のひとつは法律や制度などの環境が整備されることです。法律や制度ができることで、課題解決に取り組むための環境や土壌が整っていきます。フローレンスはそこをやっていて、実際に制度ができたこともあるんです。そういう組織だったので僕は「ここに入りたい!」と思ってフローレンスに入りました。


(本人提供)

ーー私はNPOを本職にするのには正直不安があります。入るときに不安はありましたか?

本当にないんですよね。そもそもあんまり迷ったり悩むことがないんですよ。

基本的に「考えた末にやらないで後悔するよりは、とりあえずやって後悔したほうがいい」と思っています。入ってみて違うと思ったら別にそこが全てではなくて、他にも選択肢はいくらでもあるよなと思いますからね。
やってみることで見えること、出来ることが沢山あると思っているので。

でも前職はメディア関係の仕事をしていたので「そこからいきなりNPOに転職って頭おかしいだろ」とか「お前ボランティアしに行くのか?」とか周りの人からはいろいろ言われましたね(笑)それでも日本は環境がある程度整っているので、頑張っていけば何とか生きていけるだろうと思っていました。

 

岩井さんの人生の転機

ーー岩井さんの人生についてもう少し聞かせてください。大学生まで国際協力をしていたとおっしゃっていましたが興味を持ったきっかけはなんだったんですか?

小中学生の時、言葉が好きではないんですけど、いわゆる社会的弱者と言われる立場にいて、あまり学校に行っていませんでした。

夢も希望もなく、そのまま中卒で終わると思っていたのですが、担任の先生であったり、自分のことを信じてくれる人がいて、戻ってくることができたんです。

それで何とか高校に入ることができて、自分がやりたいことも見えてきました。なので恩返しじゃないけどこれからは自分にできる事を全力でしていきたいと思っていました。

その時にアフリカやアジアなどの途上国や紛争国の子どもたちの映像を見たんです。飢餓状態なのにお腹が膨らんでいたり、ガリガリに痩せている子どもたちを見てすごく衝撃を受けました。同じ年代やむしろ僕より年下の子どもたちがこんな状態にいるんだという現実があることを知らなかったんです。

「ありえない、なんでそうなるんだろう」と思って”NGO 国際協力”で検索したら出てきたのはピースウィンズ・ジャパンでした。すぐに「お会いさせてください」と電話して、当時新潟に住んでいたので夜行バスで東京まで行って話を聞かせてもらいました。

そのあと知り合いの国際協力の専門家のつてをたどって海外に行かせてもらった結果、やっぱりもっと知りたいし、自分の目で見て、自分ができることを増やしていきたいと思って日本大学の国際協力学科に入りました。


(本人提供)

ーーすごい行動力ですね…!国際協力で思い出深いエピソードはありますか?

大学に入って最初に行ったフィリピンの子どもの家ですかね。子ども達は何かしらの困難を抱えていて、親と一緒に住めなかったり、親がいなかったりして、子どもの家に来ているので、そのトラウマから人に対する警戒心が強いんです。特に僕は日本人で言葉もほとんど伝わらないので最初はすごく警戒されていました。

でも1か月弱一緒に生活していくなかで、子どもたちがだんだんと心を開いて「これ教えて」と聞いてくれたり「一緒に遊ぼう」と言ってくれるようになりました。帰るときには「ずっと一緒にいて欲しい」「なんで帰るの」と子どもたちが泣き止まなくて、そういうのがすごく嬉しかったです。

それから最初は「何もやりたくない、できない」と言っていた子ども達がいろいろな人やものに触れる中でだんだんと「バスケットボールの選手になりたい」や「僕も先生になりたい」と夢を語るように変わっていきました。こうやって子ども達の価値観や表情などが変わっていくのを見た1か月間だったので思い出深いですね。色々な人たちと関わって、知らない世界を知ることは本当に大切だと思いました。


(本人提供)

社会の課題

ーー岩井さんが社会の課題だと思っていることはありますか?

人って自分が好きなことや見えること、できること、興味関心があることで壁や枠を作っちゃうのかなと思っています。自分には関係ない、興味がないと思った物事に対しては徹底的に無関心・無理解になりがちなのかなと思います。

例えば国際協力をしている友達にフローレンスの話をしてもほとんど誰も知らないんですよ。フローレンスは日本の中ではそれなりに大きなNPOとなりましたが、違う分野で活動している人たちは子育てに関する社会課題解決の活動を知らないんですよね。

でもそれが世の中の現実なんだろうなと思っています。子育ての当事者じゃない人たちはフローレンスのような活動にまだまだ興味関心がないんです。興味関心のない情報は入ってきても流れちゃうんですよ。なのでまず知ってもらう機会を作るのが大切だと思っています。

誰もが当事者になる可能性はあるし、これ以上の分断を生みたくないと思っています。

これに関してはNPOやソーシャルセクターもまだまだ情報発信をやりきれていないところがあるかなとも思います。情報発信に使う時間がない場合もあれば「そもそも情報発信より、他にやるべきことがある」「自分たちがやるべき事業をとにかくやっていればいい」という意識も少なからずあると思っています。

でも自分たちだけではできない事もたくさんあるし、いろいろな人を巻き込んでいくからこそできる事もたくさんあるので、どうにか変えていきたいなと思っています。


(本人提供)

NPOと株式会社の違い

ーー”NPOは慈善事業だから利益をあげてはいけない”というイメージがありますが、そんなことはないんですか?

NPOと株式会社の違いってはっきり言うと、そんなにないんですよ。最大の違いは、形式的にいえば、利益を株主に分配できるかどうかの違いです。株式会社の場合は株主への利益の分配です。一方でNPO法人の場合には、最大の目的は社会貢献です。いかにその課題を解決するかということになります。

NPO法でも利益をあげてはいけないとはどこにも明記されていないので、イメージなどが強いのかなと思います。阪神淡路大震災の時にNPOの活動とボランティアが流行ったので、NPO =ボランティアのイメージが定着してしまっているんだと思います。

でも実際にNPOは利益をあげていいし、利益を上げないと事業を続けられないです。NPOで働いている人にも生活がありますからね。ただ様々な困難を抱えている人に対するサービスなので、その人たちから多くのお金を取ることはできません。サービス自体が利益を上げずらいので寄付や補助金、助成金、ほかの事業で賄っています。

NPO法(特定非営利活動促進法)とは

特定非営利活動を行う団体に法人格を付与すること並びに運営組織及び事業活動が適正であって公益の増進に資する特定非営利活動法人の認定に係る制度を設けること等により、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与することを目的とする法律。

(参照元|e-Gov)

 

今後やりたいことや目指す未来

ーーありがとうございます!岩井さんが今後やりたいことやこういう社会になってほしいなという思いはありますか?

1人1人の可能性や選択肢を生み出す機会、世の中全体の仕組みや雰囲気、誰もが挑戦していけるような機会や繋がりを作っていきたいと思っています。

「社会貢献したい」とか「何かしたい」が明確にある人もいれば「何かしたいけど何したらいいのかよくわからない」とか「普段は仕事をしているけど満たされない」など、いろいろな人がいると思います。理想はその人たちがNPOやソーシャルセクターなどとつながる機会があることですが、NPOやソーシャルセクターじゃなくてもいいと思っています。

その人たちが何かする機会や、自分がやりたいと思える機会や繋がりを作れれば自己実現できますし、人が足りないところはその問題を解決できて、お互いにとって良いきっかけになると思います。

その機会やきっかけ、繋がりを作るためにまずは自分が色々な人と繋がって、その人同士や人と組織をつなげ、それが大きなプラットフォームになれば必要なところに必要な人が行き、みんなが生き生きと働けるんじゃないかと思っています。そのための行動をしていきたいです。

メッセージ

病児保育や障害児保育の利用を検討している方に向けて

ーー最後に、メッセージをお願いします!
まずは見てほしいし、知ってほしいなと思います。例えばフローレンスの病児保育に登録することで安心を得られたり、「何かあったら頼ろう」と思えるだけで気持ちは全然違ってくると思います。

「今は子育てに困っているから病児保育や障害児保育を利用して、それが落ち着いたら今度は自分が提供する側になりたい」というように支援する・されることは状況や状態によって変わってくるものです。

「今は大変だから頼る、これが落ち着いたら何かできることをしよう」と考えたらもっと楽になると思っています。なのでサービスや支援をもっと気軽に利用して欲しいなと思います。誰もがが頼って、頼られる。それは当たり前のことだと思うので。

 

社会課題を解決したい人に向けて

僕はもっと気楽にできたらいいと思っています。「自分にできるかな」「関われるかな」と思っているなら、まずは関わってほしいし、行動を起こしてほしいです。例えば電車に乗っていて妊婦さんが苦しそうにしていたり、白杖を持ち上げている人がいて「あれって何なんだろう」と思ったり、疑問に思うことってあると思います。

そういう違和感や疑問を見逃さないで行動してほしいですね。行動することで、見えること、変わることがありますからね。

入り口は何でもいいと思います。直接NPOに話を聞きに行ったり、ソーシャルビジネスをやっている企業に行ったり、イベントやボランティアで関わったりと機会はいろいろありますので、とりあえずできること、やりたいことをどんどんやってください。

ただ、無理はしなくていいです。社会課題解決をする人はどうしても頑張りすぎちゃう人が多いので、自分にできることを1個ずつやれればいいと思います。

【編集後記】
今回取材したのは認定NPO法人フローレンスの岩井純一さん。
岩井さんのTwitterには素敵なお人柄があふれ出ていますので、是非チェックしてくださいね!
「自分には関係ない、興味がないと思った物事に対しては徹底的に無関心・無理解になりがち」というのは本当に大事な視点だと感じました。私が障害者やセクシャルマイノリティと言われる人たちがいると知り関心を持ったのは恥ずかしながら大学生になってからです。それまでもきっと耳に入ったことはあったはずですが興味関心がないから流れていたんだと思います。
様々な社会の障害とたたかい、挑戦し、輝く方々のストーリーを1つのPuenteというメディアで発信することで興味関心を持ってくれたら、と思っていますがメディアの在り方を改めて見つめ直す貴重な取材になりました。

(編集:佐藤奈摘|Twitter)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA